マインドフルネス瞑想を実践したいけれど、忙しくやる時間が無い。

実は忙しいからこそ、マインドフルネス瞑想をオススメするのです。

忙しい私たちが、時間を捻出するのは難しいかもしれませんが、「忙しくて〜できない」という生徒さんに、いつも私が伝えていることを、お話します。

Sponsored Link

▐| 5分でもいいから

忙しくて時間が無いという人に、「どんなに忙しくても、トイレに行ったり、食事したり、スマホいじる時間はあるでしょ?」と言ったところで、何も解決しません。それどころか、相手はムカついて、それ以上私の話に聞く耳を持たなくなります。ですから、決してそのようには言いません。

まず、じっくり生徒さんの話を聞きます。すると「忙しくてマインドフルネス瞑想をする時間が無い」と話す人のほとんどが、マインドフルネス瞑想を30分とか40分とか、それ以上しようとしているのです。

それは時間が無いと言うのも、頷けます。それを毎日続けようだなんて、全く無理な話です。

自分ができる範囲でマインドフルネス瞑想を行えばいいのです。10分でもいいし、たった5分でもいいです。朝起きてトイレに行って、そのまま目を閉じてマインドフルネス瞑想。5分なんてあっという間です。目を閉じて、ふうと呼吸して目を開けたら5分経っています。

そして時間に余裕がある週末など、少し長めに30分間してみる。

そんなんで十分です。一日ほんの数分でいいので、習慣化する方が大事なのです。

▐| 忙しいからこそ

朝は誰でも忙しいと思います。出勤までに時間が限られているので、テキパキと身支度や朝食・昼食の準備をしたいところです。

しかし朝起きてすぐにスイッチを入れるのって、大変です。昼間なら15分でできることが、朝起きたばかりのときは、30分かかってしまったりしませんか?

だからこそ、朝起きて直後のマインドフルネス瞑想をオススメします。たった5分でいいんです。マインドフルネス瞑想をすることで、頭の中が整理され、眠気が覚めてスッキリするでしょう。

そうなると、その後のやらなければいけないことを効率良く進めることが、期待できます。

ほんの5分間、投資する。そうすればその後、短期的にも長期的にも、リターンが期待できるのです。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

朝起きて直後にマインドフルネス瞑想をすることで、どれだけ目覚めがスッキリのかは、個人差があります。

しかし試す価値は十分にあり、私の場合、頭の中に霧があって、これがすうっと下に沈んで消えていく感覚があります。眠気がすうっと下に沈んで消えていく感じ。マインドフルネス瞑想中に頭の中が整理されるので、その日のスケジュールが頭の中にパッと映し出され、あれしなきゃいけない、これもしないと、と思い出すことができます。

忙しい朝に投資するその5分~10分は、私にとって短期的にも長期的にも大きなリターンを生み出しています。

以上、「忙しくてマインドフルネス瞑想をする時間が無い」という方への回答でした。

Sponsored Link