すぐ切り替わる!セラピストが教える気持ちを切り替える方法

仕事や人間関係などで嫌なことがあって気分が落ち込んだ時、そのまま引きずるのではなく、さっさと気持ちを切り替えた方がいいのは、頭では分かっていますよね。

でも具体的な気持ちの切り替え方が分からず、ずるずると嫌な気分を引きずったりして。

ネットで気分が落ち込んだ時、どうしたらいいのか調べると、様々な対処法がありますが、うつ病の私にはちょっとハードルが高かったりします。

「好きなことをする」なんて言われても、自分の好きだったことに興味を失っているのが、うつですから。

今回は、マインドフルネス瞑想をベースにした心理セラピーを行っている心理セラピスト、ドウン・バリー氏に、気持ちを切り替えるための、具体的で実践的な方法を伺ってみました。

Sponsored Link

▐| ドウン・バリーって誰?

私が実践しているマインドフルネス瞑想法は、タイ瞑想法(ミドルウェイ)で、

let it go
心を解き放つ、解放する

という概念があります。詳しくは、「マインドフルネス瞑想はマインドコントロールと違う!やり方注意点」をご覧ください。

このlet it goの考え方、気持ちを切り替えるために、とっても役立つ考え方なのですが、具体的にどうしたらいいのか、イマイチ分かりませんでした。

そして今回、タイ仏教のお寺やタイ瞑想センターでタイ瞑想の講師を務めることができる、世界で唯一の女性かつ在家者(出家していない人、僧侶でない一般人)であるドウン・バリー氏に、具体的なlet it goテクニックを聞いてみました。

そんな人、知らない。

もちろんそうでしょう。

しかし、タイ瞑想界(?)では、とても珍しい存在で、実際にタイへ留学し、仏教や瞑想について学び、タイ仏教の高僧から直接タイ瞑想の指導を受けたのでした。

タイ仏教のお寺やタイ瞑想センターで、タイ瞑想のガイダンスをすることができるのは、出家した僧侶のみです。そしてタイ仏教において、出家して僧侶になれるのは、男性だけです。

マインドフルネス瞑想法に通じているドウン・バリー氏。とにかくタイ瞑想界では珍しい存在なんだ、と何となく理解していただけましたでしょうか。

そんな珍しい存在であるセラピストに、気持ちの切り替え方について、具体的な方法を聞くことができたのは、ラッキーなことなんです。

▐| 切り替えようとしないのが、すぐ切り替える方法

仕事や人間関係で嫌なことがあると、ついその嫌な出来事を一日中考えてしまうこと、ありますよね。

そんな嫌な出来事や嫌な思いをすぐにlet it go解き放つことができたら、どんなに楽でしょう。

そして具体的に心を解き放つためには、どうしたらいいのでしょうか。

ドウン・バリー氏によると、心を解き放つためには、今の現実を受け止めることだそうです。

今の自分を、自分の気持ちを、素直に受け入れる。

この考え方は、このブログでも何度かお伝えしました。

さらにドウン・バリー氏曰く、

「コントロールしようとしなければ、よりコントロール力が増す。
嫌な気持ちに反応しないで、傍観する」

let it go解き放つということは、心を解き放つために、精神やマインドをコントロールすることではありません。と言いますか、心を解き放つために、「精神やマインドをコントロールすることはできない」とドウン・バリー氏は断言します。

コントロールしよう、しようとしている内は、絶対コントロールはできないけれど、コントロールしようとしなければ、なぜか逆にコントロール力が増すのです。

沈んだ気持ちを切り替えよう、落ち込んだ気分を何とか対処しようとする。これは自分の気持ち・気分やマインドをコントロールしようとしているのです。

そんな悪あがきしない。

嫌な気持ち・落ち込んでる気分を何とかしようとしない。つまり、そういった気持ちや気分に反応しない。

ましてやなぜ嫌な出来事が起こったのかとか、なぜ自分の気持ちが落ち込んでいるのか、原因を追求したりしない。こういった原因を突き止めようとすることも、沈んだ気持ちや気分に反応していることになります。

そして第三者目線で、自分の今の気持ち・気分を傍観します。
「自分の頭は今、怒りで一杯なんだな」
「今自分は、悲しくてたまらないんだな」

もうちょっと分かり易く、順を追って説明しますと、

【気持ちが切り替わる、気持ちの切り替え方】

  1. 嫌なことが起こる
  2. 気分が沈む
  3. 今自分がどんな気持ちなのか、明らかにする
  4. 気分の落ち込み
    – イライラ
    – 悲しい
    – 腹立だしい
  5. その気持ちを何とかしようとしないで、受け入れる
  6. 気持ちを傍観する
    「自分は今、腹が立っているんだな」
  7. 気持ちが軽くなる
【気持ちが切り替わらない、気持ちの切り替え方】

  1. 嫌なことが起こる
     ↓
  2. 気分が沈む
     ↓
  3. その気持ちを何とかしようと、ネットで調べる
     ↓
  4. いろいろ試してみる、または試すのが面倒でそのままでいる
     ↓
  5. ずるずる引きずったまま

私たちは、気持ちを切り替えようと、つい悪あがきしてしまいがちです。でもそんなこと、しようとしない。そうするとあら不思議、切り替わるんです。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

簡単な気持ちの切り替え方として、「寝ること」と提案しているサイトがあります。

確かに嫌なことがあって一晩寝ると、翌朝にはスッキリしているということがあるかもしれません。

私も高校生の頃、友達と気まずい関係になり、気分が落ち込んでいた夜、ぐっすり眠って翌朝にはまた笑顔でその友達とおしゃべりしていた、何てことがありました。

しかしこの対処法、今は無理。気分が沈んだ時に、夜ぐっすり眠るなんてそんな高度な技、今の私には夢のまた夢です。

気分が落ち込んで、考え込んで、ストレスとなって、夜は眠れません。

その日の嫌な気分は、その日の内に処分しないと、その日の夜は眠れません。

でも嫌な気分を処分しようと悪あがきしない。そうすれば、逆にすぐ処分されてしまうというわけです。

もう一度言います。

嫌な気持ちをすぐ切り替えるには、切り替えるために、自分の気持ち・精神・マインドをコントロールしないことです。

今回お伝えした、気持ちの切り替え方法の一番良いところは、いつでもどこでもすぐ実践できて、しかもお金もかからず道具も必要無いところ。

そしてもっと早く気持ちを切り替えるためには、マインドフルネス瞑想がオススメです。
「マインドフルネス瞑想とは何か?意味や定義を解説!英語の意味は?」

以上、切り替えようとしなければ、すぐ切り替わる!マインドフルネス瞑想法セラピストが教える、すぐに気持ちを切り替える方法についてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *