うつ病禁句ワード「はっきり決めろ」と決断を迫まられた時の対処法

うつ病の人と接していて思わず、

「どうするの?」「何がしたいの?」「はっきりしてよ」

そんな言葉を投げかけたことはありませんか?

またこれらのような決断を迫る言葉を、周囲の人から突きつけられたことはありませんか?

これらのような決断を迫る言葉は、うつ病の人に言ってはいけないNGワードの一つで、詳しくは「うつ病を軽視する言ってはいけない禁句言葉まとめ 家族友達の接し方」をご覧ください。

今回は、このような決断を迫る言葉を周囲の人から言われたとき、うつ病のあなたはどう対処したらいいのか、考えてみましょう。

Sponsored Link

▐| なぜNG?決断を迫る言葉

うつ病の人と接していると、正直イラっとすることがあるかもしれません。

あなたがうつ病についてよく理解しているつもりでも、当事者でない限り100%理解することは難しいことですし、うつ病の人の行動や思考パターンがあまりにも自分と違うと、それが病気のせいと分かっているつもりでも、戸惑ってしまうことは無理もありません。

例えばあなたにとって、何気ない小さな決断でも、うつ病の人にとっては決められないことがあります。

「今朝は昆布茶にしようかな、それともいつもの煎茶にしようかな」

そんなどうでもいいようなことも、ある種の決断です。そしてこの簡単な決断さえ、うつ症状がひどいと難しいんです。

パッと決めることができない。

もしそれが、いつもと違う、何か新しいことだったりすると、余計。

いつもはコーヒーか煎茶かで決断を下すのに、今朝は梅茶かハーブティーかだったりすると、ハードルが高過ぎます。

家を購入するかどうか、この人と結婚するかどうかのような人生の一大事なら、中々決められないのも分かりますが、梅茶かハーブティーでも、やっぱり瞬時に決められないんです。

これはうつ病が脳の病気であるがゆえのことです。

私たちは小さなことから大きなことまで、とにかく毎日が決断の連続です。どうするか、どちらにするのか、何がしたいのか、いつも自分自身にその決断を迫り、決心するのです。それを決めているのが脳の前頭前皮質と呼ばれる部分ですが、うつ病になると前頭前皮質の「領野25」と呼ばれる領域の活動が過剰になっているのです。

うつ病治療後にうつ症状が改善されると、この脳の部分も活動が低下します。

中々決められない人を見るとイラっとしたり、はっきりしてよ!と大きな声をあげてしまいそうになりますし、病気がそうさせていると言われても、どこか納得行かないこともあるでしょう。

しかしうつ病を治療すれば、治る症状でもあります。

▐| 決断をしない勇気

では、あなたがうつ病の人と接する家族や友達ではなく、うつ病本人だった場合、どうしたらいいのでしょうか。

周囲の人は、容赦なくうつ病NGワードを投げかけてきます。言ってはいけない言葉だとは知らずに、全くの悪気はなく・・・。だからこそ、余計タチが悪いかも。

そういうときは、決断をしない勇気を持つことです。

決断をしない決断をする。

とても仲の良い友人で、親身になって私のことを案じてくれるのはいいのですが、彼女はうつ病については全くの素人です。「人生では決断をしなければいけない時があるんだよ。xxxをするの?どうするの?」と会う度に言われ、正直とても辛かったです。

そのときはうつ症状がひどいときでした。私は「確かに近い将来、xxxをするのかどうか、決めなければいけない日が来るかもしれないけれど、今でなくていい」と答えましたが、次回彼女に会うと、また同じことを聞いてくる。

で、私が下した決断は、「決断をしないこと」でした。

彼女が聞いてくれば、「そうだね」とのらりくらりとかわす。その手に尽きる。

うつ症状が改善したら、xxxをするのかしないのか、ゆっくり考えることにしたのです。

うつ症状がひどいときは論理的に考えることができないので、正しい決断ができないからです。

後になって後悔するような決断は、しないことに越したことはありません。うつ症状が改善したら、ゆっくりじっくり考えればいいのだと、自分に言い聞かせました。ですからそれまでは、友達の話は右から左に流していたのでした。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

決断するのは勇気が必要です。しかし決断しないで、はっきりしない態度は、人をイラつかせるかもしれません。

しかしうつ病なら、ここは思い切って何も決めない!と腹をくくることです。

うつ病の人が決めることは、ただ一つ。”治療する、そしてそれを続ける”ことだけだと思います。

以上、「どうするの?はっきりして!」とうつ病NGワードを突きつけられたときの対処法についてでした。

Sponsored Link

References

National Institute of Mental Health. (n.d.). Brain Basics. Retrieved from https://www.nimh.nih.gov/health/educational-resources/brain-basics/brain-basics.shtml

T. R. インセル. (Oct. 2010). うつ病,強迫性障害,PTSD……見えてきた脳の原因回路. 日系サイエンス. Retrieved from http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1007/201007_062.html

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *