マインドフルネス瞑想についての質問で、1番か2番目に多いのが、マインドフルネス瞑想中に浮かんでくる雑念についてです。

基本的にマインドフルネス瞑想中は、静かに黙ってジッとしているわけですから、雑念が浮かんでは消え、消えてはまた浮かぶのは当たり前です。

ではこの雑念、どうしたらいいのでしょうか。

Sponsored Link

▐| 雑念が浮かぶのは自然なこと

マインドフルネス瞑想中に雑念が浮かぶのは、ごく自然なことです。当たり前のこと。

私は、マインドフルネス瞑想中によく食べ物についての雑念が浮かびます。今夜何食べようかなとか、昨日何食べたっけとか、大好きなティラミスとか。

食べ物のことが浮かぶときは、ほぼ100%お腹がすいているときなので、マインドフルネス瞑想前に軽く食べるようにしています。

夕方マインドフルネス瞑想を行うと、最近起こった様々な出来事が頭に浮かんでは消え、消えては浮かびます。時には、途切れることなく、次から次へと浮かびます。

またある日は、そんなに雑念が浮かばないこともあります。

このように、マインドフルネス瞑想中に雑念が浮かぶのは、ごくごく自然なことなのです。全く浮かばない人は、悟った人でしょう。

私たち一般人は、マインドフルネス瞑想中に雑念が浮かぶもの。それでいいんです。大事なのは、そういうものだと理解しておくことです。

▐| 雑念が浮かんだら、let go

次に、マインドフルネス瞑想中に浮かんだ雑念をどうしたらいいのか、ですが、無理に消し去ろうとしてはいけません。雑念ばかり浮かぶ自分はダメだと、悲観的になったり自己批判をする必要もありません。

マインドフルネス瞑想中に雑念が浮かぶのは、ごく自然なことです。浮かんだ雑念は、「水に流して心を解き放つ Let goとは」でお話しましたように、let go解き放つのです。

具体的にどのようにlet goするのかは、「水に流して心を解き放つ Let goとは」をお読みいただけるといいでしょう。

雑念が浮かんだら、それをそのまま受け入れて、let go 解き放つ。

ティラミスのことが頭に浮かんだら、「あぁ、私は今、ティラミスのことを考えているんだな」という事実を受け入れて、そしてlet goする。

Let goしたら、その瞬間、ティラミスを考えていたことは過去のことです。マインドフルネス瞑想中にティラミスのことを考えるなんて、自分が情けないとか、私ってくだらない、なんて自己否定、評価、批判をするということは、過去にこだわっているということで、マインドが過去にあるということです。

意識を今その瞬間で一杯にするために、つまりマインドフルな状態になるために、体の中心に意識を集中させます。

▐| 雑念は、現在のあなたを映し出す鏡

マインドフルネス瞑想中に浮かぶ雑念は、ランダムにあなたの頭に浮かんでくるのではありません。

どんな雑念が浮かんだのか観察すると、それはまさに、その日その時のあなたの状況を映し出しているのです。

生きていれば、いい日もあるし、何だかツイてない日もある。毎日お天気が変わるように、いろいろな日があるものです。

だからこそ、マインドフルネス瞑想中には、様々な雑念が浮かぶのです。日によって様々です。

もし何日も同じ雑念が浮かぶのであれば、あなたの意識はその事柄にある、ということです。つまりあなたの意識は、今この瞬間ではなく、その事柄が起こった過去か起こるかもしれない未来にあるのです。

この章については、「マインドフルネス瞑想中の雑念は、自分を映し出す鏡」で詳しく説明しています。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

マインドフルネス瞑想中に、様々な雑念が浮かびます。それはごく自然なことで、マインドフルネス瞑想歴が何十年という人でも、やはり雑念が浮かぶのです。マインドフルネス瞑想って、とても単調な作業ですから、雑念が浮かぶのは当たり前のことです。

大事なことは、マインドフルネス瞑想中に雑念が浮かんでも、それを無理に消し去ろうとはしなこと。そしてその雑念が浮かんだことを受け入れ、let go解き放つのです。

決して雑念が浮かんだ自分を責めたり、自己批判をしたり、評価したりしないこと。

そのままを受け入れて、解き放つ。

以上。マインドフルネス瞑想中に雑念が浮かんだときの対処法でした。

Sponsored Link