緊急時にこそ冷静になるには?効果抜群マインドフルネス瞑想

先日、交通事故に遭いました。

私一人運転していて、交差点で信号待ちをしているとき、後ろから当てられたのです。

しかし私は自分でもすごいと思うほど、冷静でいることができました。

だってぶつけられたほんの直後、マインドフルネス瞑想をしたから。

こんな緊急時にこそ、効果を発揮するマインドフルネス瞑想。今回は、事故に遇った瞬間と、どうやってすぐに落ち着きを取り戻したのか、そしてどのように私たちの生活に取り入れたらいいのか、考えてみたいと思います。

Sponsored Link

▐| 交通事故の瞬間、カエルが口から飛び出した!

交通事故に遇ったのは、夜の10時過ぎ。帰宅途中でした。

交差点で信号待ちの最中、突然バン!という音と共に衝撃が走りました。

私は「キャー」と叫び、その瞬間、濃い緑と茶色をしたカエルが口から飛び出すのが見えました。そのカエルは自由勝手に私の周りを飛び跳ねていて、私は思わず、

「あんた何してんの?速く私の 「体の中心」に戻りなさい!」

と心の中で叫び、カエルを私の 「体の中心」に戻したのでした。

カエルがそこへ戻ると、事故で鼓動が速く動揺していた私の心に冷静が訪れ、落ち着きを取り戻したのです。

▐| カエルは私のマインド・意識

カエル?何言ってんの?と思われて当然ですので、解説します。

私の口の中から飛び出したカエルは、私のマインド・意識だったのです。

心ここにあらずという言い方をしますが、意識がちゃんと自分の中に無い状態は、好ましくありません。冷静ではない状態です。

つまり私のマインドが私の中ではなく、私の体の外にあった。カエルが私の中ではなく、外に出てしまった。

それが事故に遇った瞬間の、私の心の状態だったのです。

一瞬何が起こったのか理解できず、心臓はバクバク、すっかり動揺していましたから。

そして外に出て勝手に飛び回っているカエルを私の 「体の中心」に戻すため、私がやったことはマインドフルネス瞑想です。

運転席に座ったまま目を閉じて、 「体の中心」に全神経を集中させ、深くゆっくり呼吸をしたのでした。

私が実践しているマインドフルネス瞑想法では、マインド・意識が 「体の中心」にあるとき、それが心が一番落ち着いている状態です。そのときマインドは一番リラックスしていて、マインドにとって 「体の中心」は、高級羽布団か、高反発マットレスなのです。柔らかくて温かくて居心地が良い。あるいはアロマバスや温泉につかっているとき・・・。

マインドが 「体の中心」とは?詳しくは、「体の中心に全神経を集中!マインドフルネス瞑想で最重要ポイント」をご覧ください。

カエル(マインド・意識)が私の「体の中心」に無事戻り、落ち着きを取り戻すまで、時間にして1分もかかりませんでした。

交通事故に遇って、わずか1分で、冷静になることができるなんて、我ながらすごいと思います。

これも全て一年間毎日マインドフルネス瞑想を実践しているから。動揺したときに、素早く落ち着きを取り戻すことができる。マインドフルネス瞑想の賜物です。

「性格が穏やかに?マインドフルネス瞑想1年実践し続けた結果と効果」

さて、カエルが私の「体の中心」に戻り、落ち着きを取り戻してから周りを見渡して、自分に何が起こったのか、冷静に考えることができました。今自分は何をしなければいけないのか、冷静に判断することができたのです。

幸運にも、すぐ隣の車線にはその日の勤務を終えた警察官が!この警察官は目撃者で、事故は私の過失ではないことを証明してくれるでしょう。すぐに私のところへ駆け寄って来てくれて、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたことに、心強く感じ、嬉しかったです。

そして一体誰がぶつけたのだろうと後ろを振り返ると、これまたラッキーなことに、綺麗な車に身なりも普通の運転手。きっと保険に加入しているだろうと思い、ほっとしました。ぶつけてきたのが、この人で良かった。

私の車も大きな損傷は無く、おそらく腰や背中や首などが痛むでしょうが、それ以上の大きな怪我はしていません。

一度落ち着いて、冷静に周りを見渡すと、プラスにものごを考えられるのです。

寒い日の夜遅い時間帯。周りはすっかり車や人通りも少なく静かでした。

Sponsored Link

▐| どう活かす?マインドフルネス瞑想の効果

時々事故に遇った直後の人を見かけますが、正気が無かったり、すっかり動揺していたりして、気の毒になります。まあ普通は、そういうものなのかもしれません。

しかし私の場合は違いました。落ち着いて、冷静に、その場でしなければいけないことを考えることができたのでした。

この交通事故の出来事を、私が通うマインドフルネス瞑想のクラスで話しました。この日新しく参加したCさんは、特に興味を持って聞いてくれて、そんなに効果があるなら、ぜひ自分も続けようと思うと言っていました。

何か予期せぬことが起こったり、嫌なことが起こったりして、動揺したり、落ち込んだりして、カエルが外に飛び出したとき、決してそのまま自由勝手に泳がせてはいけません。カエルも別に楽しんで跳ね回っているわけではありませんから。一刻も速く、カエルが一番落ち着ける場所「体の中心」へ戻してあげることが大切で、そうすれば、あなた自身も落ち着くことができるのです。

そのために最も有効な方法が、マインドフルネス瞑想なのです。

何か不快なことが起こったその瞬間、心が動揺して、心臓が激しくこどうしている。そのとき、ほんの1分、30秒、いや15秒 、マインドフルネス瞑想に費やすんです。

そうすれば、感情的に反応して大声を出したり、取り乱すようなことはないでしょう。

このようにして、私たちの普段の生活にマインドフルネス瞑想を取り入れていけば、心穏やかに過ごせる時間が増えるのです。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

交通事故に遇ったのは、これで4度めです。最初は小学校にあがる前、車にはねられて。2度目は車の助手席に乗っているとき、3度目と今回は運転手としてです。

どの事故も私の過失ではなく、誰かを傷つけるより、大怪我でない限り、傷つけられる方がマシだなと思います。

私が実践しているマインドフルネス瞑想法では、鼻から小さなオブジェが入って、頭の中そして体の中を巡り、「体の中心」へたどり着くのをイメージします。

小さなクリスタルボールとか、ビー玉とか、そういった輝くオブジェが、体を巡るイメージ。そのオブジェに意識を集中させる。

私はそれまで小さなダイアモンドをイメージしていましたが、私の場合、それはカエルだったんです。今回の交通事故で分かりました。

カエルが私の「体の中心」にいる…。程良い温度の水にちゃぷちゃぷ浸かって泳いだり、高反発マットレスの上で眠ったり。

そのときpeaceが私に訪れて、私はこの上なく穏やかな気持ちになるんです。

交通事故のような緊急時にも、カエルを「体の中心」に戻してやれば、冷静になり落ち着くことができます。それがマインドフルネス瞑想の効果です。

以上、緊急時にこそ冷静になれる!マインドフルネス瞑想の抜群の効果についてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *