幸せへの近道は感謝しまくること!幸せになる為の3つの方法                                               

知り合いの心理学者、K博士とC博士による講演に行ってきました。数ヶ月に一度、この2人の心理学者は無料セミナーを行っていて、今回のお題はズバリ「幸せになる方法3つ」でした。

この分かり易いお題、そしてお話の内容も実に簡潔にまとまっていて分かり易く、とても勉強になりました。

K博士とC博士によると、幸せになるための3つの方法とは、

1. 感謝
2. 寛大
3. 同情

一つずつ見ていきましょう。

Sponsored Link

▐| 幸せになる方法1: 感謝

自己啓発とか心理学系の本には、幸せになるには感謝することだと、必ずと言っていいほど記されています。

感謝することは、幸せになるための最も手っ取り早い方法であり、幸せへの近道だと言えます。

人が何かをしてくれたとき、私たちは感謝します。夕食を作ってくれてありがとう。車で迎えに来てくれてありがとう。お中元、ありがとう。掃除を手伝ってくれてありがとう。…等など。

しかし何気ないそこにあるもの。いつも私たちが当然のように思っているものにも感謝すると、いつもの景色が違って見えるようになり、幸せな気持ちになるのです。

先日、もと土木工学が専門の方DRさんとお話をしました。普段運転している道路や信号や道路標識など、事細かに計算されて作られていたなんて、ちっとも意識したことはありませんでした。

例えばスピード制限の標識。数字はどの大きさで、数字と数字の間は何センチで、標識の大きさは何センチで…。

綿密にコンピューターで作成された道路工事の図面は、素人の私が見てもチンプンカンプンですが、とにかくしっかり計算されてデザインされてあることは、理解できました。

その土木工学の専門家DRさんとお話をして以来、今まで見慣れた町の景色が違って見えるようになりました。渋滞の道路を運転していても、イライラより、自分が立っている道路、見ている信号や標識、道路のカーブの角度や幅や、そういった一つ一つが、とても愛おしく、感謝の気持ちで満たされるのでした。

感謝で胸が一杯になると、それだけで幸せな気持ちになります。

そしてもう一つポイントが。感謝の気持ちが湧き上がったら、そのことを伝えることです。

ですから、DRさんに、「ありがとう、町を住みやすいようにデザインしてくださって、ありがとう」と感謝の言葉を伝えました。すると、相手はとても嬉しそうだったので、私ももっと幸せな気持ちになったのでした。累乗効果ですね。

▐| 幸せになる方法2: 寛大

寛大さというのは、大きな心で物事を受け入れることですが、中々ピンとこないかもしれません。私自身がそうでした。

最近運転しているとき、信号が青に変わったので前進しようとしたら、赤であるはずの車が横切ったのでした。事故になるかもしれない状況でしたが、実際には何も起こらなかったので、腹を立てたりするより、「ま、いっか」とつぶやいて、水に流すことにしました。

そのときの言葉、「ま、いっか」。

これって寛大さを表す最高の表現だよな、と思いました。

何か予期せぬことやイラっとくることが起きても、「ま、いっか」と終わらせてしまう心の余裕が欲しいですよね。そうすればいつも穏やかな気持ちで過ごすことができて、それが幸せな気持ちへとつながります。

そしてポイントは、「ま、いっか」で終わらせることができないくらい、イライラしているとき。そんなときは、とにかくこの「ま、いっか」を繰り返しつぶやくのです。

最初はしっくりこないかもしれません。言葉ばかり先行して、気持ちがついて行かない。口では「ま、いっか」と言いながら、心はちっとも「ま、いっか」ではない。

それでもいいんです。最初は誰でもそうです。しかしとにかく「ま、いっか」を繰り返すことで、いつの間にか心もそれについていくようになります。
そうなるまで、「ま、いっか」を繰り返すことが大切なのです。

Sponsored Link

▐| 幸せになる方法3: 同情

よく「人に同情なんか、されたくない」と言うように、同情って何となくマイナスな要素を含んでいるように捉われがちです。

おそらくこれは、同情される立場の人は、同情をしてくる人が、あたかも上から目線のように感じるからではないでしょうか。

ここで言う同情とは、例えばこんな感じ。

風邪をこじらせて、何日も仕事を休んでいるという友達がいました。かなりキツい薬を服用していて、早く良くなるといいなと思いました。

一人暮らしであるその友人に、メールで体調はどうか尋ねました。

ここまではよくある話です。

ポイントは、ここから。

何日も寝込んでいる友人に、「ちゃんと食べてる?買い物に行ってこようか?遠慮せずに、私ができることがあったら言ってね」と具体的にできることはないか聞いたのです。

その直後の友達のメールは、感謝の言葉で一杯で、とても嬉しそうで、私は幸せに満たされたのでした。

▐| つぶやきとまとめ

幸せになることは、幸せな気持ちになることではないでしょうか。そう考えると、幸せな気持ちになることは、そんなに難しいことではありません。

1. 感謝
2. 寛大
3. 同情

これら3つを、日々の何気ない場面でできるようになれば、幸せな気持ちで過ごすことができます。

小さなことにイラっとしたり腹が立ったり、急に虚しくなったり、心が空っぽになったり。落ち込んだり悲しんだり。気持ちがマイナスな方向に振れたとき、ぜひ試してみてください。

以上、幸せになる3つの方法についてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *