男性うつ病の特徴的症状 攻撃的イライラにマインドフルネスがお推め!

男性のうつ病の特徴的症状である、攻撃的でイライラ、怒り。病気がそうさせていると分かっていても、本人だけでなく、妻や彼女、家族や友人も、穏やかでいてほしいと願いますよね。

男性とうつ病、そしてその特徴や症状については、「男性のうつ病はイライラ攻撃的?特徴的症状まとめ」をご覧ください。

今回は、私がマインドフルネス瞑想のクラスで知り合った男性の参加者たちが、攻撃的な気持ちや激しいイライラ、中には破壊的な気分を抱えながらも、マインドフルネス瞑想をすることで落ち着くことができる、という話をまとめました。

もしこのような症状や気分に悩まされている夫や彼氏、家族がいたら、参考にしていただければと思います。

Sponsored Link

▐| 男性の実践者も多いマインドフルネス瞑想

私が通うマインドフルネス瞑想のクラスは、なぜか男性が多いです。女性は私を含め1~2割程度という日もあります。どうかすると私とインストラクターのみが女性という時さえ。

私は月に2~3回、ヨガのクラスにも行きますが、こちらは女性ばかり。男性は1〜2人ほど。

ですからマインドフルネス瞑想のクラスも、きっと女性が多いのかなと思っていたら、行ってみてびっくり、全然違いました。

とにかく男性が多いので、クラスの後に参加者で食事をする際に、男性視点で、どういうふうにマインドフルネス瞑想が、自分の生活や性格、考え方などに影響しているのか、よく話します。

マインドフルネス瞑想がもたらす効果は、様々な研究で立証されています。今回は、具体的なケースをご紹介するべく、マインドフルネス瞑想のクラスで知り合った、ある20後半の男性のお話です。

▐| マインドフルネス瞑想のビフォー&アフター

私が通うマインドフルネス瞑想のクラスは、男性の参加者が多いでのすが、みなさん割と穏やかな性格の持ち主に見えます。マインドフルネス瞑想の結果、そうなったのでしょうか。

そんな中、20代の男性Sさんは、仕事先から瞑想センターへ直行して、マインドフルネス瞑想のクラスに参加しています。

ある日、クラスが始まる直前のSさんの表情は強張っていて、肩に力が入っているのが分かりました。顔もうつむき加減で、人と目を合わようとしない鋭い目つきは、どこか怒りさえ感じました。何となく、カッカとしている様子。

マインドフルネス瞑想のクラスでは、クラスによりますが、まず自己紹介とその日の気分や出来事など、簡単なエピソードを一人一人が話します。

そこでSさんが話したことは、その日とてもイライラしていて、攻撃的で、仕事の同僚達からも指摘されるほどだったとか。自分の中にある怒りや攻撃性を、そのまま瞑想センターへ持ち込んだのでした。

もちろんだからといって、マインドフルネス瞑想のクラスの人に当たることはありませんが。

そしてマインドフルネス瞑想のクラスが始まり、タイ仏教の僧侶による教義、そして瞑想へ入ります。

およそ1時間のマインドフルネス瞑想が終了し、Sさんを見ると、マインドフルネス瞑想前とは別人のように、それはそれは穏やかな表情でした。力が入っていた肩も、だらりとしてリラックスしているのが見て取れます。

Sさんのみならず、マインドフルネス瞑想前と後では参加者のみなさん、本当に表情が違うんです。

穏やかで、ほわっと柔らかい、優しい表情。

たった一度のマインドフルネス瞑想で、ここまで明らかに違うのですから、長期間行えばとてつもない大きな効果が期待できますよね。

Sponsored Link

▐| マインドフルネス瞑想がもたらした?性格の変化

1時間のマインドフルネス瞑想で、大きな変化が見られたSさん。実はSさんは、元々攻撃的な性格だったそうです。どこか怒りをいつも抱いていて、仕事中もイライラすることが多かったそうです。

言い争ったり喧嘩することも。

しかしマインドフルネス瞑想をするようになって、Sさんは自分の中に起きた変化を実感していると話していました。

仕事が忙しかったりキツかったり、納得できないことを言われたりしてイライラしたり、怒りが込み上げることはあっても、マインドフルネス瞑想をすれば心が落ち着くことが分かって、今では週に一度、クラスに参加しているとのこと。

マインドフルネス瞑想をして気持ちが落ち着き、仕事とは全く関係ないクラスの参加者たちとお喋りをすれば、気持ちを切り替えることができ、気分も晴れるでしょう。仕事で起こった嫌なことも、その瞬間のマイナスの気持ちも、自分の中から解放し、すっきりした気分で帰路に就く。そして夜ぐっすり眠る。そうすれば翌朝、前日の嫌な気分を引きずることなく、新たな気持ちで一日をスタートできます。

Sさんは、マインドフルネス瞑想のクラスに定期的に通うようになって、まだ数ヶ月。れでも既に変化を実感しているわけで、このまま長期に渡って行えば、きっともっと大きな効果を得られるでしょう。

▐| きっかけは友人

私はよくマインドフルネス瞑想参加者に、マインドフルネス瞑想を始めた理由や、クラスに参加しようと思ったきっかけを尋ねます。何で来ようと思ったのか、動機は何だったのか。

もちろんSさんにも聞くと、友人だったか同僚だったかに推められたそうです。

いつもどこか怒りを感じていて、攻撃的なまでにイライラしているSさんは、そんな自分自身に苦しんでいたそうで、周囲からマインドフルネス瞑想を推められたということです。

私が思うに、自分自身に苦しんでいたという時点で、既にSさんは、これではいけない、変わらなければいけないと思っていたと思います。しかしどうすればいいか分からない。そこでたまたま友人がマインドフルネス瞑想を推めてくれて、それを実践してみた。

ですから、本人が変わらなければいけないと思った時点で、その人は既に半分救われたようなものだと思います。

何が言いたいのかと言いますと、本人が変わらなければいけないと思っていないのに、周りがあぁだこうだと言っても、ましてやマインドフルネス瞑想を推めても、そしてそれがどんなに効果のあるものなのかを説いたとしても、全く本人には届かないのです。

相手は大の大人ですから、首に縄をつけて、マインドフルネス瞑想のクラスに連れていくわけにはいきませんしね。

難しいところですが、タイミングがあるのです。

Sさんの場合は、それが数か月前だったというわけです。

変わりたいと本気で思い、マインドフルネス瞑想を信じて実践すれば、攻撃的な気持ちや、怒り、極限のイライラすら、穏やかな気持ちに変化させることができると、Sさんのケースは物語っています。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

以前は人と喧嘩することもあったというSさん。

Sさんのように、このままではいけない、変わらないと、と思うタイミングって、誰にでもあると思います。そういう時期がいつ訪れるのかは、本人にすら分からない、ましてや周囲の人にも分かりませんから、傍から見ていてもどかしかったりしますよね。

特に攻撃的な症状が全面に出てきたうつ病の夫や彼氏に対して、女性はどう接するればいいのか。

妻なら、そんな夫に見切りをつけて離婚するのか。彼女なら、そんな彼氏との結婚は止めて別れるのか。

知り合いの女性で、夫が抗うつ薬の服用を止めてから、それまで抑えられていたうつ症状が一気に現れて、とても攻撃的で破壊的で、子供の為にも離婚したというケースがあります。

うつ病患者に言ってはいけない禁句ワード、接し方については、
「うつ病を軽視する言ってはいけない禁句言葉まとめ 家族友達の接し方」
「夫や彼氏がうつ病で女性はどう接したらいい?接し方・会話・話し方2017/04/09

もしマインドフルネス瞑想という選択肢が、この元夫婦にあったら、そして夫がそれを受け入れるタイミングであったら、離婚には至らなかったのかもしれません。そして元夫婦共々、救われていたんじゃないかなと想像します。

あくまでも想像の粋ですが。

怒らない、イライラしない方法については、「自分の感情に反応しないこと!怒らない、イライラしない方法」が参考になります。

以上、攻撃的、怒り、イライラにも、マインドフルネス瞑想がお推め、Sさんのケースについてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *