薬なし!マインドフルネス瞑想でうつ病治療・克服体験記[6ヶ月目その2]

抗うつ剤を使わず、マインドフルネス瞑想でうつ病を自己治療・克服しようと6ヶ月目のこと、その2です。

8月になる頃には、マインドフルネス瞑想もかなり上達(?)し、それが私のうつを含む、普段の生活にどのように影響しているのか、まとめました。

Sponsored Link

▐| ストレスで潰れそうなとき、あの人の声が聞こえる!?

現代はストレス社会と呼ばれるように、私たちはストレスにさらされた生活を送っています。

ストレスと無縁の人っているかもしれませんが、今の日本には少ないのではないでしょうか。

私はケリー・マクゴニガル氏の提唱する、ストレスと友達になるという考え方が好きで、ストレスもきっと私の為にある、と考えています。

詳しくは、「うつ病 仕事休めない&復帰時にケリーマクゴニガル「ストレスと付き合う法」をご覧ください。

それでも強いストレスを感じることはあります。そんなときには直ぐマインドフルネス瞑想をするようにしています。

マインドフルネス瞑想を始めて6ヶ月目になる8月、強いストレスを感じてマインドフルネス瞑想をしているときに、ある変化が。

なんとその場にいないはずの、あのイケメン講師の声が聞こえたんです。

彼がマインドフルネス瞑想をガイドしている声が。

私が通うマインドフルネス瞑想のクラスで、講師をしている21歳の現役大学生。このブログでも何度も登場します。

私は彼のガイダンスが一番、効くんです。

毎日マインドフルネス瞑想をしている効果でしょうか、ストレス下でマインドフルネス瞑想中に、イケメン講師の声が聞こえて私を落ち着かせ、マインドフルネスの世界へとガイドしてくれたのでした。

決して無理にそのイケメン講師を思い出したわけではないんです。強いストレスを感じてマインドフルネス瞑想をしている最中に、本当にフッと聞こえたんです。

私にとってこのイケメン講師がガイドするマインドフルネス瞑想は、心に直接響き、効果抜群なんです。感情が込み上げて涙が出てくることもあります。泣いた後は、すっきり。穏やかで軽くなった気分になります。

ですから実際にそのイケメン講師がそこにいなくても、彼のガイドする声が聞こえて、マインドフルネス瞑想を行うことができるということは、どんなストレスにさらされても、私はマインドフルネス瞑想と共に落ち着くことができる、大丈夫。そんな安心のような、自信のようなものが湧いてきました。

何だそりゃ、と思われるかもしれません。しかし私のマインドフルネス瞑想は、このレベルへ達したんだと、我ながらちょっと凄いと思いました。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

ストレスを感じてイライラしたとき、どうやったら落ち着くことができるのか、その方法は色々あるかもしれません。

私の場合はマインドフルネス瞑想法だったというわけです。

ストレスだけでなく、うつ症状が出たときにもオススメです。

マインドフルネス瞑想を続けることによって、その効果が現れて実感できるようになりますし、直ぐ直後、初めて行ったときにも、それなりの効果があったりします。

考えてみれば私の場合8月の時点で、マインドフルネス瞑想を継続して、既に5ヶ月以上が経過しているわけですからね。継続は力なり、です。

どうやったらマインドフルネス瞑想を実践・継続できるのか、その方法やポイント、考え方については「時間が無い?マインドフルネス瞑想を実践継続する方法と考え方」をご覧ください。

以上、抗うつ薬を服用しないで、マインドフルネス瞑想でうつ病を自己治療・克服する体験記6ヶ月目その2でした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *