薬なし!マインドフルネス瞑想でうつ病を克服体験記[10ヶ月目の2]

私が通うマインドフルネス瞑想のクラスで、キャンドルライトサービスがありました。今年一年を振り返り、感謝し、キャンドルを灯すのですが、こみ上げてくるものがありました。

うつ病から始まって、マインドフルネス瞑想に出会い、自力治療して、症状が改善していったこと。いろんなことが頭をよぎりました。

今回は、キャンドルライトサービスについて、そのときの様子を書いてみようと思います。

Sponsored Link

▐| おすすめなキャンドルライトサービス

そもそもキャンドルライトサービスって、何?という方。私もそうでした。

12月はクリスマスということで、キャンドルがぴったりの時期ですね。そういうのもあって、キャンドルを灯して、それをマインドフルネス瞑想のクラスの参加者それぞれが手に持って、スタジオの前に置かれたテーブルの上に一人一人乗せていきます。

その様子を見ていると、ただキャンドルをテーブルに置くだけの人、置いた後数秒間手を合わせる人、様々です。

私はというと、神社で賽銭箱にお金を入れて、手を合わせながら、しっかりお願い事をするタイプなので、ここでも同じことでした。

キャンドルをテーブルの上に置いて、そのキャンドルを見ていると、今年一年うつ病とマインドフルネス瞑想についての記憶が、頭の中を流れました。

うつ病で始まった2017年。

どうしたらいいのか迷いながらも、自力で治療・克服することを決心。

マインドフルネス瞑想と出会って実践し始め、そこで出会ったたくさんの人たち。リトリートにまで参加し、ティーチング認定書を取得しました。

何度かリトリートに参加し、ここまでマインドフルネス瞑想にハマるとは思いもしませんでした。

そしてマインドフルネス瞑想を続けていくうちに、うつ病の症状や、一番懸念していた物忘れも少しずつ回復していきました。長年の友人も、以前のように明るく笑うようになったと言ってくれ、うつ病の治療効果があったと実感しています。

本当に一番心配していた物忘れの症状でしたが、忘れっぽくなくなったかどうか、ということより、

物忘れに対する不安が無くなった

と言った方が正しいです。

春に脳ドックを受けて、記憶を司る海馬や、その他の脳の部分に特に異常は見られませんでした。

医師にも、「物忘れが気になるようでしたら、それは脳が原因ではない」と言われましたので、とにかくうつ病が改善すれば、物忘れも改善するだろうと信じて、治療に専念しました。

「脳活」を頑張りました。

何年間も続けている筋トレ。筋肉と脳には関係があることが分かっています。

脳に良い食品を、積極的に食べ、食事療法も行いました。

そしてマインドフルネス瞑想を、毎日欠かすことなく続けています。

・・・。

そんなことを、ゆらゆら揺れるキャンドルの火を見ながら、考えていました。

よくやったな、と。

Sponsored Link

▐| つぶやき

キャンドルの火って、不思議な力がありますよね。ぼーっと見ているだけで、落ち着きます。

キャンドルを灯して、マインドフルネス瞑想をするのが好きです。マインドフルな状態になりやすいですし、ほっとします。それに余計なことが頭に浮かびにくくなります。

キャンドルとマインドフルネス瞑想、オススメのコンビですが、実践される場合には、火の元には十分ご注意くださいね。

以上、薬以外の方法で、うつ病を自力治療・克服する体験記、10ヶ月目その2でした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *