薬なし!うつ病をマインドフルネス瞑想で自力克服体験記[8ヶ月目の6]

うつ病を自分で治療・克服するために始めたマインドフルネス瞑想ですが、8ヶ月もそれを続けていて、なんと今度は私自身が教える立場に!

人生、何が起こるか分かりませんね。

うつ病にならなかったら、3月にマインドフルネス瞑想を始めることはなかったわけですから。本当、人生って分からないものです。

今回は、マインドフルネス瞑想のクラスで、講師デビューについてです。

Sponsored Link

▐| 遂に教える立場に?マインドフルネス講師デビュー

毎週日曜日に通っているマインドフルネス瞑想のクラス。メイン講師である精神科医のドクターNが都合が悪く、代わりに私にクラスを担当しないかという打診が。

私は二つ返事でOKしました。

とは言っても、マインドフルネス瞑想を始める前に、まず体をほぐすストレッチ運動を10~15分間行うのですが、そのグループエクササイズインストラクターです。

私は元々うつ病になる前から運動を習慣としていて、数年前はパーソナルトレーナーの資格認定書を取得しようかと思ったほど。今は少し変更して、ヨガインストラクターに興味があります。

今はうつ病治療のための運動療法を兼ねて、ジョギングや筋トレをしています。「運動療法が効く!うつ病と仕事を薬ナシで両立させた実践方法とは?」でお伝えしましたように、運動療法って結構オススメなんです。

普段全く運動しない人が、しかもうつ病を患っていれば尚更、いきなり運動し始めるのは、かなりハードルが高いと思います。かかりつけの医師に相談するなどして、できることから始めればいいのではないでしょうか。

とにかく毎日運動をする私を見込んで、ドクターNは、マインドフルネス瞑想のクラスのストレッチ運動を私に頼んだのでした。

このストレッチ運動の部分は、早い話、舞台で言えば前座、フィギュアスケートで言えば6分間ウォームアップ。でも大事な部分ということで、どんなストレッチをしようかと、とても張り切っていました。

▐| 本番当日は嵐

私がグループエクササイズインストラクターとしてデビューする日曜日は、暴風雨。お天気は最悪でした。こういう日はあまり人が集まらないのですが、それでも数人参加者がいて、小グループなのが返って心地良かったです。その方が教えやすいですからね。

ストレッチ運動の後はマインドフルネス瞑想をするので、それに上手くつながるようなストレッチを心がけました。変に体が熱くなり、エネルギーが湧いてくるようなものではなく、体がほぐれてリラックスするようなもの。

15分ほどのストレッチ運動が終わった頃には、参加者が「良かったよ」と言ってくれたので、デビュー戦にしては上出来だったと思います。

そして外は雨が激しく降る中、スタジオ内では静かにマインドフルネス瞑想が行われたのでした。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

この日曜日には、マインドフルネス瞑想初挑戦という参加者もいました。私も8ヶ月前は、あんなふうだったんだなと、インストラクターとして参加者の前に立ったとき、しみじみ思いました。

そして3月にマインドフルネス瞑想を始めたとき、まさか自分が教える立場になるとは思ってもみませんでした。

マインドフルネス瞑想のクラスには、うつ病の参加者もいます。その人たちの症状が少しでも良くなるようなクラスの内容にしたいと思いました。

さて数週間後は、今度は実際にマインドフルネス瞑想を教える講師デビューをする予定です。前座ではなく本番。年内にデビューできるように、只今準備中です。

うつ病→マインドフルネス瞑想→講師になる目標

うつ病から派生した目標です。ホント、人生、分からないものですね。

以上、薬以外の方法で、うつ病を自分で治療・克服する体験記、8ヶ月目その6でした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *