座禅の進化型?Zen meditationに挑戦!マインドフルネス瞑想実践記[14ヶ月目1]

Zen Meditation(禅メディテーション)と呼ばれるマインドフルネス瞑想法に挑戦しました。Zenとは禅、meditationは瞑想ですから、直訳すると禅瞑想。日本の座禅をこのように言うのですが、実際のところ、いわゆるあの座禅とは、ちょっと違います。

普段私が実践しているマインドフルネス瞑想法は、タイ仏教が基になっているミドルウェイと呼ばれる手法です。

Zen Meditationとミドルウェイのそれぞれの特徴と違い、また座禅とはどのように異なるのでしょうか。

Sponsored Link

▐| Zen meditationとは?

ミドルウェイの最大の特徴は、おそらくマインドフルネス瞑想中に講師によるガイダンスがある、ということでしょう。講師の言葉を聞きながら、それに身も心も委ねていればいいので、ある意味楽です。講師にすっかり甘えられるのは、まるで小学生の頃、先生に甘えていたのを思い出します。ですからすっかり子供の頃に返った気持ちになれるので、ミドルウェイが好きです。

一方Zen Meditationは、サイレントメディテーションと言われたりします。サイレントは「静かな」という意味ですから、講師によるガイダンスが無く、静かに行う瞑想です。

そしてこのZen Meditationは、座禅のことを指すらしいのですが、私たち日本人に馴染みの深い、あの座禅とはちょっと違います。

私は小学生の夏休みに、近くのお寺で子供座禅会なるものがあり、参加しました。

そのときの経験から、座禅というものは、心穏やかになるためのマインドフルネス瞑想とは違い、特に子供座禅会というものは、躾の一環だと思っていました。だって真夏のお寺は、冷房も無く、板の床の部屋に大勢の子供が詰め込まれ、フカフカではない座布団の上に足を組んで座り、本当に不快で苦痛。できるだけ不快な状態に身を置くのがポイントなのでしょうか。まさに躾としか言いようがないような…。

しかも座禅中に体がグラつくと、ビシッと肩を叩かれ、叩かれて痛いのに、「ありがとうございます」と感謝の意を示さなければいけません。

座禅というものは、確かに静かに長時間座っているけれど、マインドフルネス瞑想とは全く別物。

ではZen Meditationはどうだったかというと、座禅とは似て非なるもの。正確にはちょっと非になるもの。
全く違うというわけではないけれど、とても似ているというわけでもない。

無と空(くう)
Nothingnessとempty

Zen Meditationの最中は、

– 瞑想しない
– あれこれ考えない

あれこれ考えないで、瞑想しないとなると、頭の中は一体どうなるか、どういう状態にするのかというと、無と空(くう)。

無と空(くう)で、頭の中を満たす。これが Zen Meditationの特徴と言えます。

▐| Zen Meditationとミドルウェイの特徴と違い

先ほども述べましたが、頭の中が無と空(くう)で一杯。しかもZen Meditation中は、瞑想しない、あれこれ考えないというのが、Zen Meditationの特徴。

これに対してミドルウェイでは、瞑想中に何か明るく輝くものをイメージします。例えば太陽、星、月、クリスタルなど。

私はダイアモンドをイメージします。

夜にマインドフルネス瞑想をするときは、ライトを灯した車が流れるのを、交通量の多い道路の上を横切る歩道橋の上からぼんやり眺めている自分をイメージします。

具体的にイメージすることをビジュアリゼーションと言いますが、そのテクニックを使うのです。

Zen Meditationではこのようなテクニックは用いらないので、ミドルウェイとは似て非なるものですね。

▐| 実際に体験してみた

Zen Meditationに初めて挑戦して、子供の頃体験した座禅とは別物だと思いました。

お寺で行う、いわゆる座禅とは違い、Zen Meditationはあくまでリラックスしたり、ストレス低減のために行うものです。精神を鍛えるためにするわけではありません。

このZen Meditationを開いた主催者は、クッションを置いて床の上に座ることを勧めましたが、私は坐骨神経痛を患っていることもあり、椅子にZen Meditationをしました。

こういった融通が効くのも、Zen Meditationであり、座禅会ではないから。

1時間のZen Meditationのクラスで、最初は、L博士による、Zen Meditationについての講義でした。L博士が喋りすぎて、実際にZen Meditationを行ったのは、たった10分間…。

講師によるガイダンスが無く、と〜っても静かな中で行われたZen Meditation。ゆったりとした時間が流れて、その静けさが返って怖くも感じました。静か過ぎるのって、怖いですよね。

とにかく終わった後は、すっきり、穏やかな気持ちになり、あの静けさが頭の中にしばらく残っていました。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

私はマインドフルネス瞑想を一年以上実践し続けているので、ガイドの無いZen Meditationにも難なく終えることができました。しかし全くの初心者であれば、ミドルウェイのような、講師によるガイドがあるマインドフルネス瞑想法をオススメします。

以上、Zen Meditationに挑戦してみた、その感想や、ミドルウェイとの違いについてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *