7万の請求書に激怒ではなく感謝する?考え方を変えて落ち着く方法

先日病院から請求書が届き、2ヶ月前に受けた検査で保険が100%適用されず、残りの7万円を私に払うようにとのことでした。

去年までこの検査は全額保険がカバーしていたので、腹が立つやら。金額が決して安くはないので、ショックでした。

しかし、ここでふと、別の考え方が浮かんできたのでした。

見方を変えれば、病院からの請求書に激怒することなく、冷静に落ち着いて対処することができました。

今回は、きっと誰でも経験があり、きっと誰も嫌いであろう請求書を具体例として、ものの見方を変えて、考え方を変えることにより、腹を立てたりイライラしたりすることなく、冷静に落ち着く方法を考えてみたいと思います。

Sponsored Link

▐| ものの見方を変えると、考え方が変わる

何か嫌なこと、不快なことが起こると、心が沈みます。

それか今回、私の場合は2ヶ月前に受けた定期検診について、病院からの請求書でした。

請求書って、嫌ですよね。生活していくうえで避けられない支払いなのは分かっているんですが、嫌なものは嫌。家や車のローン、電話代、電気代、ガス代、水道代、各種保険代、家のシロアリ検査の請求書、冷暖房の点検の請求書、等など、数えたらきりがありません。

でも請求書について、見方を変えて、嫌なものではなく、思い切って感謝してみると、請求書についての考え方が変わってきます。

具体的に請求書にどう感謝したらよいのでしょうか。別の見方とは?

▐ 請求書で良かった、しかも何とか払える額

昨年までは、この定期検診は、保険で100%カバーされていたんです。なのに今年はそうではなく、7万円は自分で払わないといけないことに。

もし毎年、7万円は自己負担であったなら、ここまで嫌な気分にはならなかったでしょうに。

しかし、しかしですね。

ちょっと違う角度から見てみると、つまり見方を変えてみると、病院からの郵便物が請求書で良かったなと思うんです。

もしこれが2ヶ月前の定期検診についてとても悪い結果で、「再検査要」だったりしたら、とんでもなくショックだったことでしょう。

深刻な健康問題どころか、命にさえ関わってきます。また再検査となれば、保険が適用されるのか分かりませんから、もっと高額な請求書が送られてくるかもしれない。

それに7万円は私にとって、決して安くはない金額だけれど、払えない額でもない。

7万円で健康を買ったと思えば、決して高くはない買い物だと。7万円で私の健康は証明されたのだと。

それを受け入れて、後は7人の福沢諭吉さまを、letting go解き放つだけでございます。

また私のもとへ帰ってらっしゃい、今度はお友達も連れて、とつぶやき、見送るのでした。

▐ 高度な医療にアクセスできる証拠

私が定期検診で受けた検査は、高度な医療機器を使うものです。

よく考えてみたら、そんな高度な医療にアクセスできるって、幸せなことですよね。

地球上の人たち全員が、必要なときに医者にかかることができるわけではありません。ましてやそんな高度な医療にアクセスできる人って、限られています。

そう考えてみたら、私は何て恵まれているだろうと思いました。

病院からの請求書は、私がそんな幸せな環境にいるという明かし。

日本などの先進国に住んでいると、そんなことがごく当たり前に感じてしまいますが、実はとても感謝すべきことなんだと思います。本当にありがたいこと。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

請求書に感謝するのはとても難しいことかもしれません。郵便ポストを開けて請求書を見つけたときは、嬉しいとか、感謝とか、ありがとうなんて、頭に浮かびませんからね。まるで不幸の手紙を受け取ったような気になるだけです。

でも、それでも、感謝してみる。

電話代、電気代、ガス代、水道代などが発生するのは、インフラがきちんと整っている証拠。

最初は感謝することが難しくても、声に出して、紙に書いて、それを何度も繰り返していくうちに、何となく別の見方ができるようになります。

毎月来る請求書にイライラするより、毎月必ず届くハッピーなものになった方が、人生ずっと楽しいですよね。

以上、病院からの請求書に感謝する?見方を変えて、考え方を変えて、怒りから落ち着きを取り戻す方法についてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *