長く座るのが難しい?マインドフルネスうまくいかない!座り方基本

マインドフルネス瞑想初心者が、うまくいかない、うまくできないと話す理由に、長時間座っているのが難しいことがあげられます。

マインドフルネス瞑想中は、30分とか1時間もじっと座っているわけですから、慣れない頃は確かに足腰が痛くなるのも無理ありません。

今回は、長時間座っていられない、と嘆く実践者のための、基本の座り方と対処法・解決策についてです。

Sponsored Link

▐| 座りっぱなしは難しい?座り方の基本

マインドフルネス瞑想のセミナーに行くと、長時間じっと座っているのが難しいという声をよく聞きます。

体を動かして運動するのも難しいけど、動かないでじっとしているのも難しい。人間って難しい。

確かに30分とか1時間もじっと動かないで座っていると、足が痛くなったり、腰が痛くなったりと、慣れない内はとても苦痛かもしれません。

私が通う日曜日のマインドフルネス瞑想のクラスでは、度々初心者が参加します。全く未経験という人もいれば、1~2回したことがあるが挫折したという人も。

そして講師がマインドフルネス瞑想中の座り方や姿勢などを説明すると、初心者はできるだけその通りに実践しようとします。

ここで基本の座り方をご説明します。

  1. 枕の大きさのクッション、または二つ折りにした座布団の上にお尻だけを乗せ、座る。
  2. 足は座禅、または無理しないであぐら。
  3. 背筋を伸ばす。
  4. 右手を上にして、両方の手の平を重ね、左手の親指と、右手の人差し指が軽く触れるようにする。
    または膝の上に、手を上向きに置く。

クッションや二つ折りにした座布団の上に座ると、5〜10センチ程の高さの椅子に座っているような感じです。こうすることで、背筋が伸ばしやすくなります。

途中、足が疲れたら、お姉さん座りをするのが好ましいですが、足を前に伸ばしたり、体操座りしたりする人もいます。

足の血流を良くするために、マインドフルネス瞑想中、上記のようなポジションを繰り返します。右側にお姉さん座り、左側にお姉さん座り、またあぐら状態に戻して、今度は足を前に伸ばしたり。

で、時間がきて、マインドフルネス終了となります。

大体これが、初心者のパターンです。

▐| 初心者にオススメの座り方

マインドフルネス瞑想初心者が、講師の言うことをきちんと実践しようとすることは、とても良いことだと思います。

しかしいつも私は心の中で思います。

「無利しない方が・・・」

実は私も初めてマインドフルネス瞑想のクラスに参加したとき、講師の説明通りに座り、大変苦痛でした。

途中足が痛くなり、ポジションを何度も変えていると、そのことに気を取られてしまい、マインドフルネス瞑想にちっとも集中できないんです。

私が足を動かす音が、周りの人の迷惑になったでしょう。

そこで、私のオススメする座り方は、

椅子に座る

です。

映画館で映画を見ているときって、2時間くらい座りっぱなしでも平気ですよね。

それと同じ感覚です。

固い椅子であれば座布団を敷いて、その上に座ります。背もたれにクッションを置いたり、膝掛けを使ったりして、快適にマインドフルネス瞑想ができるようにします。足元に座布団やタオルを置いて、その上に足を乗せると足が冷えません。

快適であることが重要です。

普段家でマインドフルネス瞑想を行うのであれば、机の椅子、ダイニングテーブルの椅子、ソファなどに座って行います。そうすれば、無理なく、マインドフルネス瞑想に集中することができます。

Sponsored Link

▐| 最初は短時間から

マインドフルネス瞑想初心者であれば、いきなり30分以上も行うのはかなりハードルが高いような気がします。

つまり30分以上も基本の座り方をするのは、とてもキツいかと。

先程述べましたように、椅子に座るのも一つの対処法ですが、その他にも、

最初は10分程度

短時間から始めることをオススメします。

5分でもいいです。これくらいなら、基本の座り方でも、無理なくマインドフルネス瞑想を行うことができます。

慣れてきたら、時間を少しずつ伸ばしていきます。

しかし無理に時間を伸ばしていく必要はありません。長時間マインドフルネス瞑想をすればいいってもんじゃないですから。

大事なのは、短時間でもいいので

毎日続けること

です。

もちろん、椅子に座って短時間でもOKです。

▐| つぶやきとまとめ

マインドフルネス瞑想のクラスで、初心者が基本の座り方を実践しようとするとき、「椅子に座るっていうオプションもあるよ」と何気なく伝えます。

しかし大抵の方は、とりあえず基本の座り方をやります。そして、

「足が痛かった」→「集中できなかった」→「マインドフルネス瞑想は難しい」→ 続かない

という方程式をたどるパターンも。これってとても残念ですよね。

こうならないための対処法として、マインドフルネス瞑想中は、

  • 椅子に座る
  • 短時間から始める

をオススメします。

以上、マインドフルネス瞑想がうまくいかないのは、長時間座っていられないから?基本の座り方と、その対処法・解決策についてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *