遂に講演デビュー「幸せなうつ病とワクワクのマインドフルネス瞑想」

先週は、私が通うマインドフルネス瞑想のクラスのインストラクターに頼まれて、講演デビューしました。

マインドフルネス瞑想に関する内容とのことだったので、タイトルは、

「幸せなうつ病とワクワクしまくりマインドフルネス瞑想」

私にとって、マインドフルネス瞑想とうつ病は切っても切れないもの。この二つはセットなんです。

今回は、うつ病経験者かつマインドフルネス瞑想実践者としての講演デビューについて、そのときの様子や講演内容をお話します。

Sponsored Link

▐| ドキドキとワクワクのスピーチ

私は大勢の人の前でスピーチをするのが好きですし、とっても得意です。

人前で話すのって緊張しないの?と尋かれますが、あの緊張感がたまらない。

しかし今回はうつ病に関することなので、とにかく気をつかったのは、会場が暗くしんみりならないようにすることでした。だからといって、いつものスピーチのように、テンション上げまくりな状態というわけにもいきません。

普段スピーチをするときは、パワーポイントを使うことが多いのですが、今回もパワーポイント使いました。しかしいつもとはちょっと思考を変え、アニメーションキャラクターのようなアバターを登場させたのでした。

おかげで会場はちょっとほっこりした雰囲気に包まれました。まさかうつ病の講演で、アバターがパワーポイントに登場するとは思ってもみなかったようで、作戦成功でした。

▐| 何を話したの?

ところで講演では何を話したのかと言いますと、「うつ病自力で克服、マインドフルネス実践記」にあるようなことをまとめたのでした。

うつ病になって、でも抗うつ薬を一切使わず自力で治療しようとした経緯、自己治療として具体的に何をしたか、マインドルネス瞑想との出会いと実践開始、そしてマインドフルネス瞑想の驚くべき効果とうつ病の現状などなど。

講演の中で、たくさんあるマインドフルネス瞑想の効果の中で、私が一番強調したのは、

イライラしたりムカついたりするのは、外に原因があるのではなく、問題は自分の中にある

ということでした。

何かにイライラしたとか、誰かにムカついたとか、 そういう外的なことが原因でイライラ・ムカつくのではない。イライラ・ムカつく原因は、自分の中にあるのです。

朝起きてストレッチ運動をしてから、マインドフルネス瞑想をします。そのとき、いつも以上に雑念が浮かんだり、その雑念がやたらマイナスで批判的な内容だったりすると、その日は要注意日。

そういう日に血圧を測ると、普段より高い。心拍数もいつもより速い。

で、なぜそうなのか原因を考えると、

□ 睡眠: 睡眠時間が不足、睡眠の質が悪い、
□ 栄養: 糖質が多い、たんぱく質やビタミンの不足
□ ホルモンバランスの崩れ
□ 生活パターンの乱れ

などの物理的な要素が上げられます。

イライラ・ムカついている自分がいるのです。そういう日は、何に対してもイライラします。親友の仏のような笑顔にすら、ムカついてしまうのです。

マインドフルネス瞑想を朝行うことで、その日の体調、そして心理状態を知ることができるのです。

これは私にとって、大きな発見と言いますか、マインドフルネス瞑想がもたらした最大の効果の一つです。

Sponsored Link

▐| 「誰のせいでもない」という気楽さ

マインドフルネス瞑想を実践して分かった、イライラ・ムカつく原因は、外ではなく自分自身の中にある、ということ。

これはつまり、誰のせいでもないということです。問題が起こったとき、誰かのせいにしなくてもいいというのは、実はとても楽なことです。

人を変えるのは難しいけれど、自分を変えるのはそれほどでもない。全ては自分自身なのですから。
自分の意思だけで、何とかなるものなのです。

そして人のせいにしている間は、イライラ・ムカつきは治まりませんし、ことあるごとに、またイライラ・ムカついてしまうのです。

▐| みんなの反応は?

講演には25人くらい来てくれて、まずまずの人数だったと思います。そんなに大々的にプロモートしたわけではないですから。

「幸せなうつ病とワクワクしまくりマインドフルネス瞑想」というタイトルなので、うつ病をもっとプラスに捉えてもらうような話し方や話の内容だったので、会場は終始明るい雰囲気でした。

一通り話し終わった後の質疑応答では、コメントや質問が絶えませんでした。やはりみなさん何かしら同じような経験や悩みを抱えているようで、自分自身の経験談や具体的にどうしたらいいのかなど、みなさんの話しを聞いていました。

私の講演が励みになった、参考にする、というようなコメントもたくさんいただいて、本当に嬉しかったです。

この講演は録画されていて、この日都合が悪く、会場へ来ることができなかった方が、ぜひ観たいと言ってくれて、これまた大変嬉しいことです。

うつ病やその他の病気で悩む人たち、またはその家族や友達などの励みになれば、これ以上嬉しいことはありません。

うつ病になったことを恥じたり隠したりするのではなく、うつ病になって良かったと思っていることをしっかり伝えました。うつ病に対する見方が、少しでも変わればいいと思っています。

▐| つぶやきとまとめ

私が通う瞑想センターでは、マインドフルネス瞑想についての本を出版します。今年中には出版にこぎつけることができるようです。

そして何とその中で、私のうつ病をマインドフルネス瞑想で克服体験記が紹介されるのです!

今回会場に来てくださった方だけでなく、より多くの人たちに知ってもらう良い機会ですね。

本の内容は、精神科医による、医学的にどうマインドフルネス瞑想が有効なのか、心理学者による、マインドフルネス瞑想が心理的にどう働くのか、そして瞑想センターの創設者による、瞑想センターの紹介、最後にマインドフルネス瞑想実践者による体験記、などなど、かなり情報が詰まっています。

本が出版されたら、このブログで紹介しますね。

以上、私の講演デビュー「幸せなうつ病とワクワクしまくりマインドフルネス瞑想」についてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *