私が通う瞑想センターには、ストレスを抱えた生徒さんたちがやってきます。

仕事が忙しい社会人、勉強が忙しい学生、子供や家族のことで悩む女性、などなど。

今回は、そんなストレスフルな生徒さんたちが、マインドフルネス瞑想の後、どのように変化するのかお話します。

Sponsored Link

▐| ビフォー

週2回行われる瞑想センターでのマインドフルネス瞑想会に訪れた生徒さんの顔を見ると、ストレスを抱えているかどうか、どれくらいのストレスなのか、検討がつきます。

ストレスを抱えている人の顔は笑顔が無くて、「こんにちは」と言って笑顔を作ろうとしても、口角が上がるだけで、目が死んでいます。うつむき加減で、相手の目を見ようとしません。あるいは目つきが怖かったりします。

肩に余計な力が入っていて、猫背です。口元にも余計な力が入っていて、嫌なことやストレスなことがあったんだなと分かります。

マインドフルネス瞑想のクラスが始まる前の短い時間、生徒さんとお話しすると、ため息混じりにその日あったことや、悩んでいることを話してくれます。しかし心理カウンセリングではないので、一人一人とじっくり話す時間が無いのが残念です。

▐| アフター

マインドフルネス瞑想は、45分から長いときで1時間、行われます。その後10~15分くらい、話し合いの時間が持たれます。

ストレス一杯だった生徒さんたちは、どうなったかと言いますと、まず顔が違う。安らいだ、穏やかな表情になるんです。

頬や口の筋肉がリラックスしていて、少し微笑んでいるようにも見えます。怖かった目つきも和らいで見え、同じ人か?と思えるくらいです。

強張っていた肩の力も抜け、心なしか胸を張っているようにも見えたりします。

夜ぐっすり眠れて、朝目覚めたときのような、疲れが取れてすっきりした感じ。

▐| 感想を聞いてみる

マインドフルネス瞑想の後、どういう気分か聞いてみると、みなさん穏やかな気持ちになったと話してくれます。

もちろん個人差はあって、かなり効いた、という人もいれば、ほどほど、という人もいますが、程度の差こそあれ、マインドフルネス瞑想前よりストレスが低減したと答えます。

本当かなと思われるかもしれませんが、生徒さんの顔の表情や身体を見ると、言葉にしなくても、ストレスが低減したことが見て取れます。ボディランゲージは、嘘をつきませんからね。

そしてストレスが低減すると、悩んでいたことについても、前向きな気持ちになったり、「まぁいっか」と思えたり、「何とかなるさ」と考えられるようになったり、別な角度から見ることができるようになったり。

落ち込んでいた気持ちも、落ち着いて、スッキリ。

Sponsored Link

▐| つぶやきとまとめ

なぜマインドフルネス瞑想をすると、ストレスが低減し、穏やかな気持ちになるのか。それは、マインドフルネス瞑想の科学的根拠やマインドフルネス瞑想のやり方にあります。

詳しい方法やポイントは、「」や「」をご覧ください。

ストレスで、心も体も一杯になってしまったら、ぜひマインドフルネス瞑想を試してください。

Sponsored Link