ビタミンD不足・欠乏症改善!うつ病への効果はどうなった?

「ビタミンdが20!不足でうつ病?日光浴時間とオススメ食品摂取量」で、ビタミンDが不足どころか欠乏症であること、そしてそれがうつ病とも関係している可能性があることをお話しました。

ビタミンDレベルをチェックしてもらったら、あまりに低くてショックでしたが、12週間の治療を終え、無事ビタミンDの値は基準値である58になり、めでたしめでたし。

ところで、このビタミンDの不足・欠乏は、うつにも関係があることは既に述べましたが、ビタミンDの値が基準値になった今、どのようにうつの症状が改善されたのでしょうか。

実感しているビタミンDの効果を、ここで報告したいと思います。

Sponsored Link

▐| ビタミンD欠乏症で12週間の治療

12月にビタミンDレベルを調べた結果、30以上で基準値なのに対し、私は20しかありませんでした。

完全なるビタミンD欠乏症。

ビタミンDが不足しているんだろうなと、感じてはいましたが、まさかここまで結果が悪いとは。ショックでした。

で、12週間の治療がスタート。

実際に何をしたのかと言えば、50,000IUのビタミンDサプリを週に一回一錠服用し、それを12週間続け、そこでビタミンDレベルを再検査するというもの。

数週間前に無事トライアルを終え、ビタミンDの再検査をしてもらいました。

結果は、

20 → 58

正常値になっていて、さらなる治療は必要無し。無事卒業となりました。

もちろんビタミンDを摂取することは欠かせませんし、定期的に測定してもらうことも忘れません。

さて、治療前のビタミンDが欠乏していた時と現在では、何が違っているのでしょう。

▐| うつ病要注意日が…

抗うつ薬を一切使用せず、マインドフルネス瞑想を中心に、食事療法、運動療法、認知行動療法、そして規則正しい生活習慣を心がけ、うつ病を自力で治療してきました。

うつ病の症状は劇的に改善しましたが、ホルモンバランスが崩れる週は、うつ病の要注意日でした。

その日は微熱が出やすく、周りの人がなすこと話すこと、マイナスに受け取ってしまいがち。朝晩行うマインドフルネス瞑想中に雑念が次々と浮かんで、しかもその雑念がマイナスなことばかりで、心身穏やかではないことが明かでした。

マインドフルネス瞑想は、心穏やかになるための手段ですが、同時にその時の心の状態を如実に表します。

しかし、ここ1ヶ月の間、ホルモンバランスが崩れる週にうつ病の症状は落ち着いていました。微熱も出ることはなく、周りの人の言動にイラついたり、過敏に反応することもなく、至って平穏に過ごしています。

その週のマインドフルネス瞑想でも、雑念が途切れることなく次々に浮かんでくる、ということはありませんでした。雑念の内容もマイナスなことばかりというわけではなく、ごく普通。可でもなく、不可でもなく。

うつ病の要注意日が無くなったのかな?と、ちょっとハッピー。でも気を抜かないで、もう数ヶ月間、しっかり様子を見たいと思っています。その間は、積極的にビタミンDを摂取しようと思います。推奨される一日の摂取量5.5㎍ は、取るように心がけます。

Sponsored Link

▐| ビタミンD、うつ病以外の効果と効能

ビタミンDレベルが標準値になり、実感している効果として、筋力、筋肉の成長です。

私はうつ病治療の一つとして、筋力トレーニングをしています。うつ病になる前から筋トレをしているので、かれこれ6年になります。うつ病になり、筋肉を鍛えることは、脳にも良いので、筋トレにより一層励むようになりました。

ここ1ヶ月、 ビタミンDレベルの改善に伴って実感しているのは、目に見えて筋肉が成長していることです。

体ムキムキなの?と思われそうですが、そういうことはなく、体に筋肉がついて引き締まっているという感じ。

ですから実際の体重より細く見られます。

なぜか私は体重は何キロかと尋かれることが多く、◯◯キロと答えると、これまた決まって、「見た目よりあるんだ」と、嬉しいんだか失礼なんだかよく分からない反応が返ってきます。

なぜ人は私の体重を知りたいのでしょう。

とにかくですね、 ビタミンDレベルが改善されて、ここ1ヶ月、体の引き締まり具合がいいんです。

筋トレは週に3~4回行いますが、これはこの6年間同じペースです。筋トレのトレーニング量も同じ。その後にプロテインシェイクを飲む量も同じ。変わったのは ビタミンDレベルだけです。

もちろん筋力や筋肉が増したことは、ビタミンDだけが原因ではないかもしれません。しかし、それが大きな理由の一つであることは、間違いないと信じています。

▐| つぶやきとまとめ

ビタミンDは、ビタミンA、B、C、Eなどと違って、日本で注目されたのは割と最近のことです。でもとっても大事なビタミン。

メディアで少しずつ取り上げられるようになった気はしますが、もっと積極的にその働きや大切さを伝えてほしいものです。

一日のビタミンD摂取量については、健康長寿ネット「ビタミンDの働きと1日の摂取量」を参考にしました。https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-d.html

以上、ビタミンDレベルが改善!うつ病症状はどのようになったのか、ビタミンDの効果・効能についてでした。

Sponsored Link

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *